昆布やワカメなどに含まれる、ヨードの過剰摂取には要注意!

私は昆布が好きで、妊娠前は梅昆布、酢昆布、梅昆布茶などを頻繁に食べていました。そして昆布はヘルシーかつミネラルも豊富で健康に良い食材と言われているため、お腹の子にもきっと良い効果をもたらすと思っていました。

 

そんなある日、食べ物の話をお医者さんとした際に、先生から驚くべき話を聞きました。それは、昆布やわかめなどの海藻類にはヨードが含まれていて、そのヨードは甲状腺ホルモンを合成するために不可欠な栄養素で胎児の骨や脳の発育に必要だが、妊娠中や授乳中にママがヨードを過剰摂取すると、赤ちゃんに甲状腺機能低下が生じる可能性があるということです。

 

さらに、ヨードは昆布だけではなく、ヒジキや甲殻類などにも含まれているので、気をつけなければ過剰摂取になりやすいということでした。この話を聞いて、今まで知らずに体に良いと思い過剰摂取していた自分に怖さと不安を感じました。幸いにも子供は無事にうまれてきたのですが、自分の勝手な判断で、もしかしたら取り返しのつかないことになっていたのかもと思うと怖いものがあります。

 

私は健康に良いという食品でも、妊娠中は胎児に害をもたらす食材もあることをしっかりと勉強すべきだと思いました。しっかりとお医者さんに確認したうえで、栄養バランスの整った食事を心がけなければならないと思いました。

 

AFC ストレッチマーククリーム

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です